レディー

綺麗な幅の二重を手に入れよう|日帰り手術が可能な整形

ぱっちり目元にしたい

目元を触る婦人

見た目の印象が変わる

目元はぱっちりしている方がいいと女性はほとんどそう思っています。目元には一重と二重のまぶたがありますが、一重の人が二重になりたいという声は多いのですが、逆に二重の人が一重になりたいというのはあまり聞きません。特に若い女性の間では二重まぶたにまつげエクステンションをしたりするのがかわいいの代名詞ととらえていることも要因です。一般的に一重まぶたの人は、まぶたの皮膚に厚みがあり、やわらかくふっくらとしていて、皮下脂肪もあります。逆に二重の人はまぶたの脂肪が少なく皮膚も薄いためにたるみができやすく、それが二重になる原因となります。脂肪や皮膚の厚みやたるみの関係から、年齢を重ねるほど一重まぶたが減ってゆく傾向にあります。これは加齢により脂肪が少なくなることや皮膚が薄くなることが原因でまぶたが折れてしまうという現象になるのです。これらのまぶたの違いには見た目と共にまぶたを持ち上げる筋肉の違いがあります。眼瞼拳筋というまぶたの筋肉がまぶたを持ち上げる際、まぶたに脂肪が多くついていると筋肉でも持ち上げることができなくなり、一重まぶたになったままになります。一重の人はまぶたの筋肉がまぶたを持ち上げきることができていないので、まぶたがぼってりと見えたり、まぶたが重い印象になってしまうのです。こういった一重の悩みを解消するために整形があります。まぶたの整形には様々な施術方法があり、皮膚を切除、まぶたの脂肪をとる、糸を使った埋没法など、それぞれ出来上がりや費用などにも違いがあります。

手軽で簡単しかも安価

一重まぶただからといって、生活に支障はまったくありません。しかし、一重まぶたの人は他人からちょっときつく見えたり、クールに見えることもあって、顔の印象が暗く感じられることもあります。一重の人が整形を行わずに自分でのりなどを使って二重にする方法などはインターネットなどでも投稿がありますが、きれいな形を持続させる方法は整形にはかないません。最近ではプチ整形とって、日帰りなどの短時間で、傷跡もほとんどなく、しかも費用も控えめな方法もあります。一重で悩んでいるのなら、整形できれいな二重まぶたにするのも一つの方法といえます。整形では、埋没法や切開法が主流となっています。埋没法では、まぶたに糸をうめて目を開けるときに動く筋肉と皮膚の裏側を専用の糸で結びます。それにより筋肉の力で皮膚が引っ張られ、二重瞼になるという方法です。日本では一番多い施術方式で、短時間で済むことや傷がわからないくらいにきれいに仕上がり、やりなおしも可能で数日で腫れが引くことなどが人気の理由です。切開法とは、二重にしたいラインにあわせて切開を行い、目をあけるときの筋肉や皮膚などを裏側で結んで二重まぶたを作る方式です。こちらは手術には2時間程度を要し、目が大きく腫れてしまう・傷が目立たなくなるのに半年ほどかかるなどのリスクもありますが、埋没法よりも持ちがよく、たるみをとることや、目と目の間隔を狭めるなど他の悩みも同時に手術することができます。どちらの方法を選ぶかは医師と相談をしてから行いましょう。