レディー

綺麗な幅の二重を手に入れよう|日帰り手術が可能な整形

目を大きくする方法

医師

手軽で負担の少ない方法

欧米人に比べて一重瞼の多い日本人は目にコンプレックスを抱いている人も多いです。メイクやマッサージで自力で二重にしてる人も多いですが、より確実なのが整形です。日本は整形に対するイメージがあまり良くないですが、実際に施術を受ける人は増量傾向にあります。二重瞼にする整形は大きく分けて2種類あります。それが、プチ整形で二重にするパターンと切開により本格的に整形をするパターンです。まずプチ整形による二重ですが、こちらは埋没法と言って瞼を糸で留めることにより目を二重にする方法です。メスを入れる訳ではないので、瞼への負担もとても少ないです。また、施術中や術後の痛みも少ないので整形が初めての人でも受けやすいです。そして価格がリーズナブルなのも大きな魅力のひとつです。手順としては、まずカウンセリングを受けて先生と相談して二重の幅を決めます。埋没法は手軽ですが、糸で留めるだけなので瞼が重い人や脂肪が多い人は取れやすいので、あまり幅を広くしないことが大切です。そして、施術当日は瞼の裏側に麻酔を打ってもらい、いよいよ手術が始まります。麻酔はチクっとする程度で痛みはそこまでありません。瞼のみなので意識もある状態です。しかし、しっかり麻酔は効いているので術中の痛みはほぼありません。少し違和感がある程度です。手術時間もあまりかからないので、割とすぐに帰れます。ただ、術後1〜2週間は腫れや内出血があるので、それも踏まえたうえで手術を決めた方が良いです。腫れが引けば自然な二重瞼が手に入ります。

確実に目を大きくする方法

もうひとつの切開で二重にする方法はメスを入れる所謂本格的な整形です。埋没法で二重にならない人、埋没法をやっても取れてしまう人、確実に目を大きくしたい人におすすめです。日本人の多くが蒙古襞という目頭のピンクのお肉を覆ってしまう皮膚があるので、これが一重瞼になっている大きな原因です。切開法ではこの蒙古襞を切開することで目を大きくします。切開法はもちろんメスを入れるので負担も大きいですが、埋没法に比べると確実に二重を手に入れることが出来ます。埋没法は取れてしまうこともありますが、切開法だと幅が狭くなってしまうことはあっても一重に戻ってしまうことは半永久的にありません。切開法と言っても1種類だけでなく、蒙古襞を切る目頭切開をはじめ、目尻切開、全切開など色んな方法があります。これは自分がなりたい二重と自分の瞼の状態を踏まえて先生と相談して決めます。切開法は術中の負担も大きいですが、術後の腫れなども埋没法に比べて長引きます。なので、手術は日帰りで出来ますが、完全に綺麗な二重になるまでは長く見積もった方が良いです。また、埋没法は簡単な手術なのでどの先生に施術してもらってもあまり大差はありませんが、切開法は先生の腕も重要なので病院選びは慎重にした方が良いです。無事、手術が終わり腫れが引けば埋没法に比べてしっかりした大きな目になれるので見た目も一段と変わります。二重の整形にはそれぞれメリット、デメリットがあるので自分の理想や値段、持ち具合などを含めて病院と施術方法を選ぶことが大切です。