レディー

綺麗な幅の二重を手に入れよう|日帰り手術が可能な整形

目の魅力を高めるために

ドクターと看護師

折りたたんだ状態で固定

目は、上まぶたと下まぶたとに覆われています。このうち上まぶたは、一部が折りたたまれた状態になっていて、目に沿うようなラインで溝を形成していることがあります。これがいわゆる二重まぶたで、この状態の上まぶたは、折りたたまれている分、表面積が少なくなっています。つまりそれだけ眉までの幅が短いので、目がパッチリと開くということです。一方、溝のない上まぶたは一重まぶたと呼ばれています。一重まぶたは、折りたたまれていないので表面積が大きく、目はその分覆われやすくなっています。つまり目が、細く小さく見えるということです。そのため大きな魅力的な目に見せることを希望する多くの人が、美容外科で二重整形を受けています。二重整形とは、上まぶたの一部を折りたたんだ状態で固定することで、一重まぶたを二重まぶたの状態にする整形手術のことです。具体的には、まずは上まぶたを、目のラインに合わせてメスで切開します。そして細く帯状に余分な皮膚を切り取った上で、縫合するのです。皮膚を切る取ることで、その部分にはくぼみが生じますし、それを縫合することで、上まぶたが折りたたまれた状態となるわけです。メスを入れるのですから、その部分には傷跡が残りますが、傷跡は二重の溝の底となります。つまり、折りたたまれている部分に隠れるということです。二重まぶたの状態にして目の魅力を高めることができる上に、人に二重整形を受けたということが気付かれにくいので、この整形手術には高い人気があります。

切開する範囲

二重整形には、全切開法と部分切開法とがあります。全切開法は、上まぶたの広範囲に切れ込みを入れ、皮膚を切除するという方法でおこなわれています。それに対して部分切開法では、上まぶたのごく一部にのみ、切れ込みが入れられます。一部分でも切開して縫合すれば、そこに引っ張られることで、上まぶた全体に長い溝ができることがあるのです。具体的には、上まぶたに脂肪が少ない場合に、長い溝が形成されやすくなります。この場合は、全切開法ではなく、部分切開法の施術がおこなわれることが一般的となっています。なぜなら切開する範囲が狭い分、体への負担が少なく、腫れや内出血によるダウンタイムも短めとなるからです。逆に上まぶたに脂肪が多い場合には、一部分を切開して縫合しても、うまく溝ができないことがあります。このような場合には、全切開法の施術がおこなわれるのです。全切開法では、切開する範囲が広い分、上まぶたにはより長くしっかりとした溝が形成されます。さらに皮膚を切り取る際には、脂肪を抜き取る脱脂術という整形手術を一緒におこなうことも可能となっています。脂肪が多くついていると、たとえ二重まぶたになったとしても、上まぶたは腫れぼったい状態となってしまいます。しかも年をとって脂肪がたるむと、二重の溝がそのたるみによって覆い隠されてしまうこともあるのです。しかし脱脂術をおこなっておけば、脂肪が少なくなることで、上まぶたはスッキリとした状態になり、二重の溝がより際立つようになります。